「さくら街道白川郷ひらせ温泉キャンプサイト」(岐阜県白川村)を見てきました

2019.8.31

〒501-5507 岐阜県大野郡白川村大字長瀬766−1

「一色の森キャンプ場」に行ったついでに「さくら街道白川郷ひらせ温泉キャンプサイト」を見てきました。

 

白川村と言えば、世界遺産白川郷合掌造りで有名なあの白川村です。

「一色の森キャンプ場」から、御母衣(みぼろ)湖を経由して20キロほど北上したところにあります。

クルマで40分弱です。

平瀬(ひらせ)温泉と言う名前が付いているとおり、近くには温泉街があって、このキャンプ場利用者向けに日帰り温泉「大白川温泉しらみずの湯」が割引で利用できます。

ということで、いつもどおりサクッとご紹介します。

 

こんなキャンプ場

白川村が経営するキャンプ場です。

とても広い敷地内に、大きく三つのサイトがあります。

Aサイト・Bサイト・フリーサイトです。

AとBサイトは区画サイトとなっていて、AC電源つきですが、フリーサイトには電源はありません。

AサイトはBサイトよりもかなり広くなっています。

Aサイト

 

 

Bサイト

フリーサイト

 

もちろんどのサイトもクルマを横付けできます。

注:当日のフリーサイトは横付けしていましたが、場所に寄っては横付けできないところもあるように思います。

 

サイト自体は、A・Bとも一区画当たりがとても広く、区画サイトではありますが、クルマを上手く目隠しに使えば、ある程度プライバシーは保てそうです。

 

第一印象は、とてもきれいなキャンプ場です。

場内にはちょっとした公園よろしく、人工の小川、池や東屋などがあって、手入れも行き届いていて小奇麗な印象です。

山奥のキャンプ場ですが、自然を生かすと言うより、少し人工的に整備された高規格キャンプ場といっていいでしょう。

いいところ

きれいに整備されたキャンプ場です

手入れが行き届いています。

ちょっとした庭園です。

お金もかかっていそうです。

 

A・Bサイトは一区画が広い

個人的には、このくらいの広さなら、何とかプライバシーが確保できそうな感じです。

Aサイトなら、一つのサイトに二つのグループでも十分いけます。というか、Aサイトは2家族用、Bサイトは1家族用といった感じです。

横付けするクルマも、Aサイトは立て並びなら2台いけます。

ちなみに、Aサイトは定員10名、Bサイトは6名となっています。定員超過時には追加料金があります。

 

トイレも洗面所も炊事場もきれい

管理棟のトイレは和式なのが残念ですが、それでも山奥のキャンプ場にありがちな、虫や蜘蛛の巣だらけのトイレと違って、道の駅にあるようなきれいなトイレです。

炊事場だって、普通の家庭用の流しのようです。

 

 

コインランドリー

 

残念なところ

料金が高い

一番残念なのが料金です。

Aサイトは8000円、Bサイトは6000円です。

Aサイトは二グループで利用できると言っても、1グループあたり4000円にもなります。

たしかに、どちらもきれいに手入れされていて、気持ちよくキャンプが出来るのでしょうが、この山奥でこの価格では私はちょっと考えてしまいます。

 

ただ、フリーサイトは今年より安くなっています。昨年4000円だったのが、今年(令和1年)から1000円になりました。

注:1000円プラス、一人当たり中学生以上は800円別途掛かります。

 

自然の雰囲気が少し足りない

山奥で自然の多い場所なのですが、場内はきれいに整備され、人工感があふれていて、個人的には食指が動きにくいキャンプ場です。

ゴルフ場のような感じです。

でも、逆に言えば、子供連れの家族なら安全で清潔で安心感があります。

チェックインとチェックアウトの時間が惜しい

チェックインは14:00、アウトは11:00

他とに比較にはなりますが、チェックインは13:00、アウトは12:00にしてもらいたいところです。

ホテルや旅館ではないので、ベッドメイキングも必要ないので、是非一考していただきたいと思います。

 

ゴミは全て持ち帰り

ある意味これは正しいと思います。

すべてのキャンプ場がそうなら仕方がないと思います。でも、ほとんどのキャンプ場でゴミ捨て場があることを考えると、少し不便なような気がします。

一考をお願いします。

 

まとめ

少し辛口になってしまいましたが、今回は、「一色の森キャンプ場」に行ったついでに視察したもので、時間もわずかでしたので、あくまでも第一印象ということです。

実際のところ、9月第一週の土日で、そこそこの天気で、一色の森キャンプ場がそこそこいっぱいだったのを考えると、ここはフリーサイトに4組ほどだけだったので、あまり人気のないキャンプ場といっていいでしょう。

 

お金をかけて作ったキャンプ場という印象です。維持・管理を考えると料金に反映されてしまうのもわからないでもないのですが、村営ならもう少し安くして、チェックイン・アウト時間を考えれば、家族連れなどには人気が出ると思います。

 

個人的には、料金に関しては、A・Bサイトはその半額が妥当だと思います。

でも、そうしたら混みすぎて対応できなくなってしまうのかもしれませんね。

また、フリーサイトに関しては広い平面のサイトですが、近くに温泉もあってこの値段なら、全然おすすめです。

管理人の人の話では、フリーサイトとはいえ、人数制限はしますとのことでした。

 

あとで、ホームページを見たのですが、少し気になるのは、焚き火禁止となっているところです

焚き火がだめとなると、個人的には全く残念としか言いようがありません。

でも、きれいな芝のサイトを見ると“さもありなん”ですかね。

 

最寄の高速道路のICは「荘川」になります。フリーサイトの大幅値下げを考えると、A・Bサイトもそのうち値下げされるかもしれませんね。

決して雰囲気の悪いキャンプ場ではありません。人によってはとてもいいと思うことでしょう。

私的には、今のところフリーサイトなら穴場といえるでしょう。

それでは、また。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「マイアミ浜オートキャンプ場」(滋賀県野洲市)に行ってきました
一色の森キャンプ場に行ってきました。3回目です
 紅葉の「飛騨荘川 一色の森キャンプ場」はやっぱり最高だった
キャンプで何するの?
何かと不安な初めてのオートキャンプ、基本の流れ
夫婦二人だけならスチール製の七輪で焚き火までやっちゃう
ひそかにキャンプ行ってます。一色の森キャンプ場
またまた、一色の森キャンプ場に行ってきました
「ひるがの高原キャンプ場」に行ってきました
ハンモックは無くてもいいけど、一度経験すると病みつきになる
オートキャンプでのセキュリティーを考える
スクリーンタープ スノーピーク「リビングシェルS」のご紹介
オートキャンプにもコンパクトなシングルガスストーブがあると便利
「中川原キャンプ場」(岐阜県下呂市)に行って来ました!
「名古屋キャンピングカーフェア2019」に行ってきました

Menu

HOME

TOP