「ひるがの高原キャンプ場」に行ってきました

「ひるがの高原キャンプ場」でオートキャンプ

20数年前に、子供たちと行ったきりの「ひるがの高原キャンプ場」に入ってきました。

2018.10.20

 

住所:岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4714−

なつかしのキャンプ場なのですが、ほとんど覚えていなくて、今回は新鮮な感じでした。

まず結論を言えば、とてもいいキャンプ場でした。

 

それでは、いいところと残念なところを見ていきましょう。

 

「いいところ」

トイレは最高

もちろん水洗トイレです。

和式と洋式がありますが、洋式はウォシュレットでシートヒーターが付いています。

洗面所もとてもキレイです。

 

フリーサイト

私がこだわることの一つに、フリーサイトがあります。

フリーサイトとは、区画されていなくて、自由な場所にテントを設営できるサイトです。

 

ここは、完全に自然なままの地形というわけではなく、ある程度平らにならした自然の区画がいくつも点在しているというスタイルです。

 

適度なプライバシー

完全なフリーサイトではないといっても、その一つ一つはかなり広く、お隣さんとはかなり離れて設営できる箇所がほとんどで、ハイシーズンでない限りは、プライバシーは確保できます。

 

ただし、サイトによっては、狭いところもあり、その場合はお隣さんと近くになる事もあり、いいサイトを確保するためには早めに到着して、いいサイトを探すことをオススメします。

ちなみに、アーリーチェックインはハイシーズンにはできず、少し悩ましいところです。

 

今回は、10月下旬ということもあり、アーリーチェックインが出来ました。

追加料金は300円とリーズナブル。

アーリーチェックインは9時からOKでした。

私たちは9時半頃到着しましたが、もうすでにかなりの数のキャンパーが設営を始めていました。

 

小川が近くを流れる

ホームページの写真では、人工の小川が流れているような感じでしたが、自然の小川が流れていて、私たちは水の近くが好きなので、小川のすぐ近くに設営しました。

 

危険な感じは一切なく、小川の流れる音に癒されます。

 

良心的な値段

クルマ一台\1100、大人一人\1100(2018/10/21の時点)というリーズナブルな価格設定です。

 

夫婦二人なら、一泊\3300です。

しかも、キャンセル料は、オートキャンプなら(バンガローもあるので)当日に限り100%という良心的なものです。

 

直火の焚き火がOKですが、私は七輪コンロで焚き火をするので、どちらでもかまいません。

ほかにも、星がきれい、ソロキャンプも全然OK、ゴミ捨て場あり、シャワー室あり、ハンモックOKなどなど、いいところ満載です。

 

 

「残念なところも見ていきましょう」

 

広いけど、奥のサイトはトイレが遠い

トイレは、入り口のバンガローやロッジのあるあたりに一箇所と、少し奥のオートキャンプサイトにそれぞれ一箇所あります。

 

それぞれ、それほど小さいトイレではなく、全然問題ないようですが、オートキャンプ場は奥に広がっていて、そこからはトイレが遠くなってしまいます。

その遠いところも雰囲気がいいだけに、少し残念です。

 

ペグが刺さらない

他のブログでも見ましたが、本当にペグが刺さりません。

ほかの場所で確認したわけではありませんが、少なくとも私たちのサイトは最悪でした。

 

なんとか、時間をかけてペグうちを完了させましたが、少し丈夫なスチールのペグがあるといいでしょう。

 

また来たいキャンプ場なので、ペグの購入を真剣に考えています。

 

高原といっても、見晴らしはよくない

 

近くには小川が流れて、自然たっぷりのキャンプ場で何も言うことはありません。

ですが、高原という名前から、見晴らしのよさを期待してはいけません。

 

あくまでも、林間サイトです。

でも今回、一部紅葉している箇所もあってとてもキレイなキャンプ場であることに変わりはありません。

 

人気がありすぎる

ここまでのキャンプ場なら、人気があるのも仕方がありませんね。

無理を言ってはいけませんが、ハイシーズンの休日は予約が取れませんし、取れたとしても、アーリーチェックインは出来ないので、いい場所が取れる保証もありません。

 

うーん残念。

いずれにせよ、メリットを享受するためには早めのチェックインがよさそうです

 

 

他にも、近くに食料雑貨店あり、温泉あり、テニスコートあり、「牧歌の里」「コキアパーク」といった観光地あり、冬はスキー場など、その地域一体で観光に事業に取り組んでいて、老若男女が楽しめるリゾートとなっています。

「ひるがの」は岐阜では有名な場所です。

 

 近くの食料雑貨店「フレッシュフーズひるがの」です。食料品から日用雑貨までほぼ何でもそろっています。

 

ということで、しばらくお世話になりそうなキャンプ場を見つけました。

今回はとても寒く、石油ストーブ持参だったことも付け加えておきます。

 

残念ながら、今シーズンは10月いっぱいで終了です。

来年は4月からの営業となります。

 

参考になれば幸いです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

岐阜 高山荘川 一色の森キャンプ場のバンガローを利用しました
夫婦二人だけならスチール製の七輪で焚き火までやっちゃう
「ふもっとっぱら」(静岡県富士宮市)へ行ってきました
「根の上高原保古の湖キャンプ場」(岐阜県恵那市)へ行ってきました
冬キャンプが出来る「グリーンウッド関ヶ原」(岐阜県関ヶ原町)を見てきました
冬キャンプが出来る「美濃白川アウトドアリゾート・クオーレふれあいの里」(岐阜県白川町)を見てきました
「中川原キャンプ場(岐阜県下呂市)」にまたまた行ってきました
キャンプのランタンは複数あったほうがいい
「グリーンウッド関ヶ原」(岐阜県関ヶ原市)に行ってきました
「名古屋キャンピングカーフェア2019」に行ってきました
一色の森キャンプ場に行ってきました。3回目です
キャンプ(登山)で忘れ物をしない為に、スマホのメモアプリにリストアップ
何かと不安な初めてのオートキャンプ、基本の流れ
ハンモックは無くてもいいけど、一度経験すると病みつきになる
秋の寒い日に石油(灯油)ストーブを使ってみました

Menu

HOME

TOP