冬キャンプが出来る「グリーンウッド関ヶ原」(岐阜県関ヶ原町)を見てきました

 2019・2・18

住所: 岐阜県不破郡関ケ原町今須2048

 

今回ご紹介するのは、かの有名な天下分け目の決戦地「関ヶ原」にある「グリーンウッド関ヶ原」です。

 

比較的天気もよく、2月中過ぎとしては、それほど寒くもありませんでしたが、さすがに平日だけあって、キャンパーは一人だけでした。

 

今回も、昼間の見学です。

 

こんなキャンプ場

「グリーンウッド関ヶ原」自体は、オートキャンプ場、コテージ・バンガローサイト、グランドゴルフ場に分かれています。

オートキャンプ場は、段差のある区画サイト(AC電源付)とフリーサイトに分かれています。

 

区画サイト

こちらは、サイトごとに段差があり、お隣さんとの境界が見た目に明確です。

段差だけで、特に目隠しなどはないので、正直、プライバシーはほとんどないといっていいでしょう。

ところどころに、木々がランダムに植えてあり、遠い山の景色が、特に天気のいい日は伊吹山の上部だけではありますが、きれいに見えて、雰囲気はいいです。

 

フリーサイト

フリーサイトは段差のない、だだっ広いグランドです。

地面にロープでラインが引いてあり、フリーサイトとはいえ、一応区画されています。

混雑時には自由な場所に設営できない感じです。

グランドの周りには、ぐるっと一周、桜が植えてあります。

どちらも、1区画あたりの広さは十分あります。

トイレはこんな感じ

トイレはそれぞれのサイトに一箇所ずつありますが、区画サイトのほうが多少大きく、温水シャワーとコインランドリーが併設されています。

それほど、全体の面積が広いわけではないので、トイレの数はそれぞれ一箇所でも十分だと思います。

どちらも、大きいほうは和式ですが、フリーサイトのほうは、少し大きめな簡易トイレのようなボックスタイプとなっています。

それでも、大小は分かれていて、中に手洗い場もあります。

こちらはフリーサイトのトイレです

しかし、どちらもきれいに清掃されていて不快感や怖さは全然ありません。

ちなみに、女子トイレはわかりませんのであしからず。

 

本格的なグランドゴルフが楽しめる

日本グランドゴルフ協会認定の本格的なグランドゴルフ場が難易度別に3コース(各8ホール)あります。

適度にアンジュレーションもあって、そこいらの公園にあるような子供だましのものとは一味違います。

子供から大人まで楽しめるグランドゴルフ場です。

 

冬季(12/29~2/28)は芝生の養生のため休業になるなど本気度が見て取れます。

 

料金設定は大人600円、子供300円となっています。

年間パスポート(休業日を除く)も8000円であります。

道具レンタルは一式50円です。

※この時点

 

きっと、キャンパーだけでなく、地元の人もプレイしているのでしょうね。

そんな感じです。

 

ちなみに、グランドゴルフとは基本的にはバターゴルフと同じ、とホームページには書いてありました。

 

もし、ここにキャンプにきたら、女房と二人でプレイしても全然楽しめると思いました。

 

春は桜がきれい

今回は残念ながら、桜にはまだ少し早かったですが、植えられた桜の数やその場所(を見ても、そのシーズンは贅沢な花見キャンプができます。

 

特にフリーサイトは、テントのすぐ横に桜の樹があるといった感じです。

スタッフの人に聞いてみましたが、名古屋よりは開花が1週間ほど遅いそうです。

桜も2種類植わっているそうで、ソメイヨシノを中心に八重桜もあり、時間差で咲くことで比較的長い期間楽しめるとのことでした。

 

開花情報は、シーズンが近づいてくるとホームページに掲載されるそうです。

 

これは、一度見てみたい気がします。

 

全体の感想

キャンプサイト自体は、可もなく不可もなくといった感じです。

プライバシーがいまひとつなのが、一番の理由です。

残念ながら、近くに日帰り温泉はなさそうです。

子供のための遊戯具もいまいち興ざめ感を誘います。

 

それでも、すいている冬キャンプなら話は違います。

プライバシーの問題が払拭されれば、なかなかのキャンプ場です。

 

場内には、人工ですが、小川も流れていて、池もあります。

森の中の雰囲気と開放感が上手く融合しています。

 

グランドゴルフ場も区画サイトからは離れていて、目障りではありません。

トイレもきれいで、全体的に清潔感があります。

 

自然豊かな割には、それほど深い山奥ではないので、少し車を走らせれば、小さな町があり、食材なども仕入れることができます。

 

そして何よりの楽しみは、桜です。

この桜だけでも、来る価値がありそうです。

お花見しながら酒飲んで、そのままテントで寝る。

最高じゃありませんか。

 

実際は、まだ見ていないのでなんとも言えません。

でも、植わっている桜の樹から想像はできます。

 

これを書いているときは、春直前です。

実際に行ったときには、是非またご報告させていただきます。

 

追記:春の土日はすでに予約でいっぱいでした。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「根の上高原保古の湖キャンプ場」(岐阜県恵那市)へ行ってきました
山(アウトドア)の天気を簡単に予測する
「ふもっとっぱら」(静岡県富士宮市)へ行ってきました
「いなかの風キャンプ場」に行って来ました!
50代からの夫婦が始めるオートキャンプの必需品
何かと不安な初めてのオートキャンプ、基本の流れ
オートキャンプでのクーラーボックスは安物でも大丈夫、ただし工夫が必要
「さくら街道白川郷ひらせ温泉キャンプサイト」(岐阜県白川村)を見てきました
またまた、一色の森キャンプ場に行ってきました
冬キャンプは出来ないけど、「神明キャンプ場」を見てきました
「めいほうキャンプ場」(岐阜県郡上市)を見てきました
ひそかにキャンプ行ってます。一色の森キャンプ場
キャンプ(登山)で忘れ物をしない為に、スマホのメモアプリにリストアップ
冬キャンプができる「渚園キャンプ場」(静岡県浜松市)を見てきました
夫婦二人だけならスチール製の七輪で焚き火までやっちゃう

Menu

HOME

TOP